3/16(金)ピースユニヴァースは次走アーリントンCを予定。他にもいろいろと。

 

今週も某関係者情報はあります。

 

【中館厩舎】

ミヤビフィオーラ(父マンハッタンカフェ、ミヤビグレイス)

ダートに矛先を向けた前走は好位3番手で流れに乗る。直線では前を捉える脚いろだったが、ゴール前でバタッと止まってしまった。厩舎スタッフも「松岡騎手も好感触を持ってくれてるようだし、能力的にはいつ勝ってもおかしくないんだけどね…。」と話すように未勝利卒業は時間の問題か。

 

 

【尾形和厩舎】

ピースユニヴァース(父ロジユニヴァース、ロジディオン)

阪神に遠征しての一戦は後方2番手から直線だけでまとめて差し切る強い内容だった。次走はアーリントンCを目標に調整中。「関西への輸送も2回目で慣れが見込めるだろうし、使った後も至って順調ですよ。」とコメントしてくれた。

 

 

【久保田厩舎】

シナモンフレイバー(父ディープブリランテ、サンフラワーガール)

次走は東京芝1600mを視野に入れている。前走は最後の直線で内にモタれて伸びを欠いていたが、その点については「回りの関係なのか…。休み明けで苦しがっていた部分もあるかもしれません。」とのこと。

 

 

【上原厩舎】

ロフティフレーズ(父ロードカナロア、モンクール)

重賞初挑戦となった前走クイーンCは直線で内の馬の動きに過剰に反応してフラついてしまった。気性面での課題を残した一戦だった。ただ、使った後もそれほどテンションは上がっておらず、現時点では距離は1600mまではもちそうとのこと。次走は未定だがおそらく平場の自己条件。

 

 

【新開厩舎】

ロジティナ(父ロジユニヴァース、コヴェンティナ)

前走ゆりかもめ賞3着。出たなりで好位からレースを進める。勝ち馬には瞬発力の差で突き放されたがダイナミックな走りで長距離適性を示した。今週は南ウッドコースで稽古駆けするグロンフォール(3歳500万)を相手に互角の動き。中山に変わるのは”?”だが、次走は山吹賞を予定。

 

 

 

 



-------------