12/13(水)全日本2歳優駿(JpnI)。◎は地方の大物。

 

水曜・川崎11R(ダート1600m)

◎ハセノパイロ

父パイロ、船橋:佐藤賢二厩舎

 

○ルヴァンスレーヴ

▲ドンフォルティス

△ビッグスモーキー

×サザンヴィグラス

×ダークリパルサー

消ハヤブサマカオー

 

 

好メンバー相手でも、器が違うハセノパイロ

 

全日本2歳優駿は今年からケンタッキーダービーの出走権をかけたシリーズ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の対象レースとなり、世界の競馬カレンダーに組み込まれた。その影響か、今年のJRA勢は5頭いずれもすでにダートで2勝以上している素質馬という空前の好メンバー。それでも今年はハセノパイロを本命としたい。新馬戦で終い50メートルから見せた衝撃の末脚から始まり、インに閉じこめられながら最内を抜けた特別戦、主導権争いのなか不利を受けたにもかかわらず完勝したハイセイコー記念。着差の小ささはレースの厳しさゆえ。大舞台でこそその経験が生きるはずだ。

 

 

兄は東海地区の怪物。血統背景も超一級

 

半兄リーダーズボードは東海地区11戦10勝、ダービー前哨戦の駿蹄賞を圧勝したのを最後に砂上を去った「幻のダービー馬」。1敗にしても、今年の短距離王者ニシケンモノノフ相手に園田1400メートルのJpnⅡ兵庫ジュニアグランプリを戦い、正攻法のレースの末に0.3秒差3着だから高く評価できるもの。その兄弟から久々に出てきた大物だけにその期待値は高い。兄が未完のまま引退を余儀なくされておりハセノパイロの成長曲線は想像するしかないが、少なくとも現状は500キロを優に超える馬体をもて余しており、おそらく本格化はずっと先。それでもトーシンブリザード、ヒガシウィルウィンらをクラシック戦線に送り込んだ佐藤賢二師流の、ハードトレーニングをこなしてさらに馬体を増やしてきた。この中間はさらに熱をました調整で、ひとまずの目標へと準備は整っている。

 

 

スピード型でマイルは割り引き…消ハヤブサマカオー。

 

JpnⅡ兵庫ジュニアグランプリ勝ち含む3戦3勝と、実績面では最上位となるハヤブサマカオーはその前走が不安材料。スピードに任せて逃げ、早々並ばれながらもしぶとく粘って後続に先着を許さなかった内容は、その前走でレコード勝ちを収めたことも含め2009年ラブミーチャンのそれと瓜二つ。それなら勝つのでは?との指摘も至極もっともだが、2009年は2着馬がそれ以降未勝利のブンブイチドウと決してレベルが高くなかった年。さらに言えばその年はかなりのスピード馬向きの馬場状態で、生粋のスプリンターでもこなすことができた。しかし、ここ数年の川崎競馬場は南関4場でもダントツでパワーが必要な馬場になっており、ハヤブサマカオーがラブミーチャン同様スプリンターだとすれば厳しいレースとなるだろう。

 

 

-------------