能検気になった馬たち(3月15日)

※能検(3月15日)結果一覧

[レース順][タイム順][馬体重順]

 

♀・アネゴ(父レッドスパーダ、母クロエチャン)

□能検1R(51.8秒) レッドスパーダの初年度産駒。父タイキシャトル、母の父ストームキャットの組み合わせはすでに種牡馬として活躍中のメイショウボーラー同様。新馬勝ち、NHKマイル2着と早い時期から活躍し、8歳時5月にも京王杯スプリングカップを勝つなどと早熟ながら息の長い活躍を見せた。能検は4位入線も、好スタートから終いさっと追った程度で、実戦に行っての良化は保証できる。

 

 

□能検1R(51.1秒)道中は早々手応え危うくなるも、直線に入るとしっかり鞍上の叱咤激励に応え、前肢を強くかきこんで加速。終いまで伸びきって1着入線と結果を残した。叔母にオークス馬エリンコートがいるように距離は伸びてもいいタイプ。スピードを父系から、地力を母系からといいとこ取りが叶えっていれば3歳クラシックまで期待できそうだ。

 

 

□能検3R(51.1秒)この組の最先着。終い幼さをのぞかせこそしたものの、二の脚、道中の軽快さ自体はなかなかのもの。小さく出がちなフリオーソ産駒には珍しく馬格もあるだけに、将来性はともかくとして初戦から全開には期待したい。

 

 

能検4R(51.3秒)グランド牧場生産所有、角川厩舎、父サウスヴィグラス。これだけですでに満貫どころか倍満程度は確定している凶悪タッグ。この馬の場合、2頭いるきょうだいがアップトゥユー、ストロングハートといずれも2歳重賞を勝っているアベレージの高さに加え、最高到達点の高さも伴っている。能検では多少押して前につけると、終いまでしぶとく伸びて及第点といえる2着入線。ひとまずの仕上げにはなっている。

3月15日能検結果一覧

※全13R:出走頭数73頭(7R終了後中間ハロー)

30年3月15日(木)・門別競馬場・天候馬場[曇・稍重]

 

[タイム順][馬体重順]

 

[1R・800 m]

馬名 タイム 調教師 体重 騎手
1 アネゴ 51.8 角川秀 472 桑村
2 パレイドリア 51.6 田中淳 404 伊藤
3 モスコミュール 51.4 田中淳 436 黒澤
4 アークザゴールド 53.1 小野望 466 宮崎
5 ラックブルーバード 51.1 角川秀 444 阿部
6 ホシガクボ 51.8 小野望 472 岩橋

 

[2R・800 m]

馬名 タイム 調教師 体重 騎手
1 サンデーヒロ 56.2 小国博 494 宮崎
2 セツゲツカ 53.5 角川秀 446 阿部
3 パレスドラゴン 53.5 小国博 432 岩橋
4 キックザキャリバー 51.8 田中淳 480 山本
5 ヨシノダイヤ 52.2 角川秀 490 桑村

続きを見る

3月15日能検結果(タイム順)

 

馬名 タイム 調教師 体重 騎手
6R イグナシオドーロ 50.4 角川秀 494 阿部
6R ラブミージュニア 50.5 角川秀 484 桑村
3R ダイキンボシ  51.1 角川秀 494 桑村
10R スティールティアラ 51.1 角川秀 478 桑村
6R ショコラフレーズ 51.1 田中淳 474 宮崎
10R ラブミーリチャード  51.1 田中淳 460 宮崎
1R ラックブルーバード 51.1 角川秀 444 阿部
11R ジェイドリーム 51.2 田中淳 494 服部
6R サムシングブルー  51.2 角川秀 470 石川
6R キティホーク 51.2 田中淳 450 山本
11R アイオブザタイガー 51.2 角川秀 438 阿部
4R ハッピーエマーブル 51.3 田中淳 462 岩橋
4R マリーンワン 51.3 角川秀 452 阿部
4R オーソーラヴリー 51.3 田中淳 414 宮崎
11R アンジュシェリー 51.4 田中淳 448 岩橋
1R モスコミュール 51.4 田中淳 436 黒澤
3R ヴェルグンデ 51.5 田中淳 478 伊藤
1R パレイドリア 51.6 田中淳 404 伊藤
11R スティールジェンヌ 51.7 角川秀 472 桑村
3R シップスターン 51.7 田中淳 432 山本
2R キックザキャリバー 51.8 田中淳 480 山本
1R アネゴ 51.8 角川秀 472 桑村
1R ホシガクボ 51.8 小野望 472 岩橋
7R サクセッサー 52.0 角川秀 510 桑村
7R コパノワトソン 52.0 角川秀 450 阿部
4R イケノオテンチャン 52.1 角川秀 448 桑村
6R ザパーティー  52.1 田中淳 398 岩橋
2R ヨシノダイヤ 52.2 角川秀 490 桑村
12R ゲッテルフンケン 52.2 角川秀 466 阿部
7R キャッチザウェーブ 52.3 田中淳 446 宮崎
5R クレインチャーム 52.3 田中淳 406 伊藤
12R カメッテル  52.4 田中淳 448 服部
5R スターインステルス 52.4 角川秀 440 石川
7R ハッピーフェイス 52.5 田中淳 422 黒澤
10R イージーナウ 52.6 角川秀 440 阿部
5R ヤマイチエルサ  52.6 角川秀 406 阿部
9R マリガン 52.7 田中淳 428 山本
5R スフォルツアート 52.8 田中淳 472 服部
8R エアースピーダー 52.8 田中淳 466 岩橋
10R セントサレディー 52.8 小野望 440 岩橋
5R アブソルートカラー 52.8 角川秀 426 桑村
13R アンビグラム 52.9 小野望 444 五十嵐
8R ケープフィア 52.9 田中淳 432 服部
9R イコライザー 53.0 角川秀 500 桑村
13R ジェイケイジーク 53.0 田中淳 488 服部
9R スズカユース 53.0 田中淳 438 岩橋
9R ピュアセレニティー  53.0 角川秀 424 松井
12R ルンタ 53.1 角川秀 468 桑村
1R アークザゴールド 53.1 小野望 466 宮崎
12R ベロナサンライズ 53.1 田中淳 442 宮崎
10R ドラジュワール 53.2 小野望 418 山本
9R エニフ 53.2 田中淳 394 黒澤
7R パレスギガント 53.3 小国博 456 五十嵐
7R ライトニングボルト 53.3 小国博 434 服部
12R パイロチャン 53.3 小国博 420 岩橋
3R エムオールビー 53.3 角川秀 390 阿部
2R セツゲツカ 53.5 角川秀 446 阿部
2R パレスドラゴン 53.5 小国博 432 岩橋
8R ビッグシラオキ 53.5 角川秀 422 松井
9R グレイアンジェラ 53.7 角川秀 470 阿部
10R スタークィーン 53.7 田中淳 432 服部
8R ナラ 54.0 角川秀 438 阿部
4R シュバイヤー 54.2 小野望 442 山本
12R ホイッスルベルン 54.2 小国博 424 山本
3R ホワイトパス  54.3 田中淳 420 黒澤
11R シンキングガール  54.6 田中淳 388 山本
13R フリムケバシコ 55.3 小野望 426 宮崎
4R ダニースペシャル 55.6 小野望 438 五十嵐
13R アイオロス 56.0 角川秀 456 桑村
2R サンデーヒロ 56.2 小国博 494 宮崎
13R モリノラピス 56.8 角川秀 438 阿部
8R レッツコウタロウ 出走取消 角川秀 桑村
5R スターセイガイハ 落馬 田中淳 430 岩橋

 

【参考】平成30年度能力検査(3月15日)出走表

なお、詳しい情報はホッカイドウ競馬ホームページでご覧ください。

 

 

 



-------------

3月15日能検結果(馬体重順)

 

馬名 タイム 調教師 体重 騎手
7R サクセッサー 52.0 角川秀 510 桑村
9R イコライザー 53.0 角川秀 500 桑村
2R サンデーヒロ 56.2 小国博 494 宮崎
3R ダイキンボシ  51.1 角川秀 494 桑村
6R イグナシオドーロ 50.4 角川秀 494 阿部
11R ジェイドリーム 51.2 田中淳 494 服部
2R ヨシノダイヤ 52.2 角川秀 490 桑村
13R ジェイケイジーク 53.0 田中淳 488 服部
6R ラブミージュニア 50.5 角川秀 484 桑村
2R キックザキャリバー 51.8 田中淳 480 山本
3R ヴェルグンデ 51.5 田中淳 478 伊藤
10R スティールティアラ 51.1 角川秀 478 桑村
6R ショコラフレーズ 51.1 田中淳 474 宮崎
1R アネゴ 51.8 角川秀 472 桑村
1R ホシガクボ 51.8 小野望 472 岩橋
5R スフォルツアート 52.8 田中淳 472 服部
11R スティールジェンヌ 51.7 角川秀 472 桑村
6R サムシングブルー  51.2 角川秀 470 石川
9R グレイアンジェラ 53.7 角川秀 470 阿部
12R ルンタ 53.1 角川秀 468 桑村
1R アークザゴールド 53.1 小野望 466 宮崎
8R エアースピーダー 52.8 田中淳 466 岩橋
12R ゲッテルフンケン 52.2 角川秀 466 阿部
4R ハッピーエマーブル 51.3 田中淳 462 岩橋
10R ラブミーリチャード  51.1 田中淳 460 宮崎
7R パレスギガント 53.3 小国博 456 五十嵐
13R アイオロス 56.0 角川秀 456 桑村
4R マリーンワン 51.3 角川秀 452 阿部
6R キティホーク 51.2 田中淳 450 山本
7R コパノワトソン 52.0 角川秀 450 阿部
4R イケノオテンチャン 52.1 角川秀 448 桑村
11R アンジュシェリー 51.4 田中淳 448 岩橋
12R カメッテル  52.4 田中淳 448 服部
2R セツゲツカ 53.5 角川秀 446 阿部
7R キャッチザウェーブ 52.3 田中淳 446 宮崎
1R ラックブルーバード 51.1 角川秀 444 阿部
13R アンビグラム 52.9 小野望 444 五十嵐
4R シュバイヤー 54.2 小野望 442 山本
12R ベロナサンライズ 53.1 田中淳 442 宮崎
5R スターインステルス 52.4 角川秀 440 石川
10R セントサレディー 52.8 小野望 440 岩橋
10R イージーナウ 52.6 角川秀 440 阿部
4R ダニースペシャル 55.6 小野望 438 五十嵐
8R ナラ 54.0 角川秀 438 阿部
9R スズカユース 53.0 田中淳 438 岩橋
11R アイオブザタイガー 51.2 角川秀 438 阿部
13R モリノラピス 56.8 角川秀 438 阿部
1R モスコミュール 51.4 田中淳 436 黒澤
7R ライトニングボルト 53.3 小国博 434 服部
3R シップスターン 51.7 田中淳 432 山本
2R パレスドラゴン 53.5 小国博 432 岩橋
8R ケープフィア 52.9 田中淳 432 服部
10R スタークィーン 53.7 田中淳 432 服部
5R スターセイガイハ 落馬 田中淳 430 岩橋
9R マリガン 52.7 田中淳 428 山本
5R アブソルートカラー 52.8 角川秀 426 桑村
13R フリムケバシコ 55.3 小野望 426 宮崎
9R ピュアセレニティー  53.0 角川秀 424 松井
12R ホイッスルベルン 54.2 小国博 424 山本
7R ハッピーフェイス 52.5 田中淳 422 黒澤
8R ビッグシラオキ 53.5 角川秀 422 松井
3R ホワイトパス  54.3 田中淳 420 黒澤
12R パイロチャン 53.3 小国博 420 岩橋
10R ドラジュワール 53.2 小野望 418 山本
4R オーソーラヴリー 51.3 田中淳 414 宮崎
5R ヤマイチエルサ  52.6 角川秀 406 阿部
5R クレインチャーム 52.3 田中淳 406 伊藤
1R パレイドリア 51.6 田中淳 404 伊藤
6R ザパーティー  52.1 田中淳 398 岩橋
9R エニフ 53.2 田中淳 394 黒澤
3R エムオールビー 53.3 角川秀 390 阿部
11R シンキングガール  54.6 田中淳 388 山本
8R レッツコウタロウ 出走取消 角川秀 桑村

 

【参考】平成30年度能力検査(3月15日)出走表

なお、詳しい情報はホッカイドウ競馬ホームページでご覧ください。

 

 

 



-------------

3月15日(木)に能力検査開始!母ラブミーチャンは6Rに出走。

 

ホッカイドウ競馬から今年初の能検メンバーが発表されました。この時期が来るともう来年のことを考えねば、と思う今日この頃であります。今年も角川秀樹・田中淳司厩舎を中心に注目馬が多数出走。6Rにはラブミージュニア(父。ゴールドアリュール、母ラブミーチャン)ショコラフレーズ(父エンパイアメーカー、母ショコラヴェリーヌ)。9Rには京成杯を勝ったジェネラーレウーノの半弟イコライザー(父カネヒキリ、母シャンハイロック)。10Rにはイージーナウ(父シニスターミニスター、母プリエミネンス)など他にも楽しみな馬がそろっています。2歳馬制限タイムは57.0秒。1R発走は12時を予定しています。ただ、どうやら当日は雨模様。天気だけが心配です。

 

 

※全13R:出走頭数73頭(7R終了後中間ハロー)

30年3月15日(木)・門別競馬場・天候馬場[・]

 

[1R・800 m]

馬名 タイム 調教師 体重 騎手
1 アネゴ 角川秀 桑村
2 パレイドリア 田中淳 伊藤
3 モスコミュール 田中淳 黒澤
4 アークザゴールド 小野望 宮崎
5 ラックブルーバード 角川秀 阿部
6 ホシガクボ 小野望 岩橋

 

[2R・800 m]

馬名 タイム 調教師 体重 騎手
1 サンデーヒロ 小国博 宮崎
2 セツゲツカ 角川秀 阿部
3 パレスドラゴン 小国博 岩橋
4 キックザキャリバー 田中淳 山本
5 ヨシノダイヤ 角川秀 桑村

続きを見る

2/14(水)はバレンタインデーよりユングフラウ賞(SⅡ)。

 

水曜・浦和11Rユングフラウ賞(ダート1400m)

 

◎ストロングハート

父:サウスヴィグラス 川崎:内田勝義厩舎

 

○グラヴィオーラ

△シェーンリート

△クロスウィンド

△ゴールドパテック

 

 

史上初の「濃い」メンバー、その事情は?

JRAにおいては基本的に3歳初夏、ダービーまでの時期は芝が中心というレース構成。今週末に行われるヒヤシンスステークスまではダートのオープン競走すら組まれていないだけに、この時期のダート競馬は地方・南関東を中心にめぐるといっても差し支えないだろう。とりわけ牝馬独自の路線はもともと地方にしか存在せず、南関東地区が間違いなくその中心といえる。このユングフラウ賞は南関東牝馬クラシック初戦・桜花賞のステップという位置付け。今年はもうひとつの前哨戦、桃花賞が降雪で中止となった影響で、JRAでいえばフィリーズレビューとチューリップ賞を足して2で割らないような超重要レースとなった。

 

続きを見る

12/13(水)全日本2歳優駿(JpnI)。◎は地方の大物。

 

水曜・川崎11R(ダート1600m)

◎ハセノパイロ

父パイロ、船橋:佐藤賢二厩舎

 

○ルヴァンスレーヴ

▲ドンフォルティス

△ビッグスモーキー

×サザンヴィグラス

×ダークリパルサー

消ハヤブサマカオー

 

 

好メンバー相手でも、器が違うハセノパイロ

 

全日本2歳優駿は今年からケンタッキーダービーの出走権をかけたシリーズ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の対象レースとなり、世界の競馬カレンダーに組み込まれた。その影響か、今年のJRA勢は5頭いずれもすでにダートで2勝以上している素質馬という空前の好メンバー。それでも今年はハセノパイロを本命としたい。新馬戦で終い50メートルから見せた衝撃の末脚から始まり、インに閉じこめられながら最内を抜けた特別戦、主導権争いのなか不利を受けたにもかかわらず完勝したハイセイコー記念。着差の小ささはレースの厳しさゆえ。大舞台でこそその経験が生きるはずだ。

 

続きを見る

11/21(火)兵庫ジュニアグランプリ(GⅡ)。◎はダート名血。

火曜・園田10R(ダート1400m)

◎ハヤブサマカオー

父:シニスターミニスター、美浦:伊藤圭三厩舎

 

○ソイカウボーイ

▲タガノアム

消レナータ

 

 

圧倒的スピード。

 

ハヤブサマカオーは2戦2勝、いずれもスピードの違いを見せ付ける逃げ切り勝ちを収めてきた。菊花賞当日の超がつくような不良馬場で行われた前走、なでしこ賞では5分のスタートから徐々にリードを広げていく競馬。直線で鞍上のゴーサインがかかるとさらに加速し、結局逃げ馬ながらメンバー中最速の上がりとなる37秒4でレースをまとめきった。いかに脚抜きの良い馬場だったとはいえ、1分23秒4のレコードタイムは立派の一語で、この2戦での戦法を考えれば日本一狭い園田の馬場も決してマイナスには働かない。

 

続きを見る

週中は地方競馬。10/28(火)北海道2歳優駿(GⅢ)は道営勢で勝負!!

火曜・門別10R(ダート1800m)

◎サザンヴィグラス

父サウスヴィグラス 道営:川島洋人厩舎

 

○ヤマノファイト
▲ハッピーグリン
消ドンフォルティス

 

 

競馬センス高いサザンヴィグラス

 

今年の道営2歳世代はダブルシャープがクローバー賞リュウノユキナがすずらん賞を制し、前者はその後GⅢを連戦、3→6着と早くも通用のメドを立てた。ダートでも、先週の船橋・平和賞でリンノストーンが逃げ切って全日本2歳優駿への切符を手にするなど、めざましい活躍を続けている。その世代を牽引してきたのがサザンヴィグラス。デビュー3連勝いずれも横綱相撲の完勝で、好位から押し切った栄冠賞、三角先頭から後続を突き放したブリーダーズゴールドジュニアカップはいずれも高いセンスを感じさせた。他を圧倒する感じこそないが、並外れた完成度はこの時期大きなアドバンテージになる。

 

続きを見る